最近のトラックバック

Tea Time

Tea Time:『偵察任務だけ?!』

 Tea Time:0033

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 (今回のBGMは映画007のテーマででどうぞ)

 夏のある日のことである・・・

 その日は、朝から小雨が降り、空には薄暗く、雲が立ちこめていた・・・

 空気は湿り気を帯び、体にべったりとまとわりつく・・・

 TVで流れる天気予報では「曇りのち晴れ」 とアナウンスされているが疑わしい天気だ

 『じゃ、行くか・・・』

 重苦しい空気を振り払うように、愛車2号に乗り込みイグニッションキーをひねる・・・

 ギュルルン・・・

 元気よく起床する愛車のエンジン・・・今日もご機嫌だぜ!と言いたげな感じで各種コンソールに起動画面が映る・・・そしてワーニングランプが消えたのを確認した後、おもむろにアクセルを踏み込み今日の目的地へ向かった・・・

 最初の内は順調であったが、そのうちにお盆休みで行き場を求めてさまよう車の渋滞に巻き込まれる・・・

 『ちぃっ!』

 焦りは禁物だった。往路の途中で事故を起こしては、今日の任務は水の泡に消えてしまう・・・何ヶ月も前から緻密に計算された任務だ、失敗は許されない

 30分後、目的地のそばの満車になりつつある駐車場に滑り込み、何とか駐車することに成功した。

 第一段階は無事に終了。休む間もなく、第二段階へ移行する。そのころには雨も上がり曇り空が広がっていた・・・

 目的地はここから、ここから約500m先の林の中である。人混みに紛れて、そこに潜入しなければならない。あくまでも偵察が任務である。

 仕事柄、偵察なんぞしたことがないのだから、本業の人から言えばまだまだ素人といわれるだろうが、今回はそれが逆に好都合であるとのことで、任命されたのである。

 緊張のためミッションを早く終えたいというはやる心を抑えつつ、一歩一歩歩いて現場に向かう。

 徐々に周りに人が増え、ぎこちない動きの自分の動きが、他の人の波によって目立たなくなる・・・

 緊張のあまり、家族の存在を忘れていたが、今回の任務には家族の協力が必要なため、同伴である。あくまでも我が輩の存在が自然に見えるようにではあるが・・・

 林に囲まれた通路を抜け、開けた先には人、人、人の長蛇の列・・・

 数に圧倒されながらも、

「ちょっと行ってくる」

 と言って、家族をそこに残して本来の任務へ、また林の中へ一人いや、サポートの長男を引き連れ、忍び込む・・・

 進むこと数十メートル、林が急に開けた・・・

 そこに『それ』は堂々と立っていた。

 偵察が任務のため、カメラを片手に『それ』を片っ端から撮影する。

『何枚とっても良い、出来るだけ『それ』の詳細が欲しい』とのクライアントからの指示?!である。

 もっと近くへ、もっと近くへ・・・

 圧倒的なプレッシャーを放つ『それ』はファインダーをのぞく我々にあたかも

 「我を崇めよ!」

 と語りかけているようだった。

 我を忘れて、シャッターボタンを押しまくる・・・我に返ると自分たちがいかに異様な行動をしていたのか・・・

『しまった!周りに変人と思われてしまった』

 しかし周りを見ると、洗脳されたかのように、周りの人も何故か写真撮影に余念がない・・・恍惚の表情を浮かべている輩もいる・・・

 そんな中では、我々の存在など、気にする者はいなかった。

 集団洗脳・・・今回の任務はこの首謀者『それ』の詳細な情報の入手である・・・

 いつの間にか、周りには人だかりが出来、列を作って『それ』に向かう・・・

 そこからの記憶はあまりにも興奮しすぎたのか、あるいは自分もまた集団洗脳にかかったのか断片的である・・・

 不覚にも『それ』に触れ、列から押し出されたところで我に返り、任務のため同伴していた列に残した家族の元へ向かう。長男もやはり洗脳されたようであった、後ろから小突くまで意識が飛んでいたようである。

 まだサポート役には早かったか?との後悔もあったが、言動には異常が見られないため、家内にもバレ無いであろう・・・

 家内たちの列に戻ると、先ほどより十数メートル前方に人が流れた程度であった・・・で、

「何してたの!」

 すんごい剣幕で怒る家内、そこには股間を押さえてモジモジしている次男の姿も・・・

「ん、もぉ~自分から率先して子供になってどうするの!とにかくこの子をトイレに連れて行って頂戴!」

 ホント申し訳ない。我を忘れていたのは我が輩の方でありました!

 で、どこに行ったかというと、 Img_0094

Img_0104 お台場の1/1ガンダムに巡礼の旅であります。Img_0120 (・∀・)ニヤニヤ

Img_0087  写真はいっぱい撮ってきたのでありますが、掲載する容量が1MBまでなので載せられないのであります(泣)

  で、家内たちが並んでいた列は、もちろんオフィシャルグッズの購入希望者の列。

 で次男をトイレに連れて行った後、待つこと90分で購入出来たであります!(超喜

 そりゃもちろん、ココでなきゃ購入できない限定ガンプラも、お一人様1個でしたが、そこは家族5人で5個であります!他にも、限定Tシャツ、ポスター、お菓子等々・・・

 その後しばらくして他の家族も、この『ご神体』にご対面と相成りましたが、家内と娘は微妙な反応・・・

 結局浮かれていたのは、我が輩と長男、次男で、野郎どもだけ。(悲)幼いときからの英才教育の賜物でありますが・・・(爆)

 もちろん、ご神体の御足に触れた写真もあったのだが、撮影時に押されて動いてしまいNGであります。(号泣)

Tea Time:『端午の節句は…これで決まり?!であります!』

 Tea Time:0032

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 (今回のBGMは「鯉のぼり」か「背比べ」でどうぞ)

 我が家の端午の節句は、長男が生まれたときから「鯉のぼり」と「武者飾り」…

 今年もそろそろ倉庫から引っ張り出してこようかと思った矢先に…

 運命の出会いが…

 江釣子ジャ○コのガンプラコーナーにて起こった…

 それがこれだ!1・2・3…P1000068

 見るからに、我が家にふさわしい(笑)その威厳・質感…

 早速、制作するであります!(爆)

 

で、いきなり完成がこれ!

P1000060

 P1000066

P1000067_2

P1000061_2 P1000065

P1000062_4

我が家の反応は…

長男:「すげぇ…これ良いなぁ…やっぱ端午の節句は武者でしょ!白・黒・赤の他に、金のアクセント!」

(判る奴には、判るモンだね~。さすが一番弟子!)

長女&家内:「・・・」

(ちょっとぉ~!そのしらけた雰囲気は何?ノリが悪いなぁ…)

次男:「武者ガ○ダムって、強い?」

(…あ~、はいはい…君の意見はこっちに置いておいて…)

 病院のアクセントに飾るであります!(爆)

 で、気になるスタッフの反応は…

 いつもなら、

『またなんか持ってきたよ、邪魔にならないところに置いてくださいね!』

と、男のロマンの全く理解しようとしない返答が帰ってくるのだが、今回は違った…

異口同音に…

 「おぉ、すご~い!武者だよ、ガ○ダムが、武者になっている!」

 どうだぁ?(喜)、さすがに女性陣は金ぴかには弱いらしいぞぉ!(笑)

Tea Time:『あの○○は、いい○○だぁ?!』

 Tea Time:0031

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 最近『お~もろ~い』ネタがないので、更新が止まっておりましたが、みーっけた♪

 その名も、『きゃらナビ』!

 何だ?それ!

 そう、「何だそれ!」もの、「キワモノ≠オタク」もの、そんでもって何となく『おもしろネタ』にできそうなモノである。

 ココまで書いて、興味がないなら、この記事はパスしてね…って、せっかく書いたので、出来れば最後までみて頂戴

****************************************************

 で、結局これって何?

 もったいぶって、いるけどこれは『ポータブルナビ』だって。

 なぁ~んだ、そんなモノ…こんなところで何書くの?

 って、ごもっともなご意見で…

 巷のポータブルナビの中でも、一部ではアニメの声優を使っているようですが、そのほとんどが女性。しかも少女キャラのため、硬派な自称『お兄さん』いや『おっちゃん』の我が輩には似つかわしくない代物なのね。

 そこで、ネットサーフィンして見つけたのがこれ、『きゃらナビ』

 ナビゲート声優も、代表作『機動戦士ガンダム』でシャア・アズナブル役の池田秀一氏、『ナイトライダー』でKITT役の野島昭生氏である。

ぬぉぉぉ~!こ、これはぁ~!

(狂喜乱舞…あぶない…)

 2種類あるが、そのうちの一つが野島氏のものでブラック基調の7インチタッチパネル仕様で、池田氏のモノはCAレッドの4.3インチタッチパネル仕様のポータブルコンパクトナビである。

 これってオートサロン2008で制作発表になったKITTのナビでは?

 発売元も、プラスエスト!

 ナイトライダー、KITTのトランザム・レプリカパーツを販売しているところではないかぁ~

 我が輩の愛車には、ナビがついていないためポータブルナビで良いので物色していたところでしたので…

欲しい!

 詳細については、サイトにある程度書いていますが、劇中のKITTの様に『マイケル、そこの十字路を右に曲がってください』などと、ナビゲートするのかは不明である。(してくれたら、いいなぁ~)

 発売までもう少しなので、我が輩的に要Webチェックか?

 いや、我が輩だけでなく世の中の「赤い彗星ファン」の貴女にもお勧め?

 興味のある方は、下記のサイトを要チェック!

 http://www.chara-navi.co.jp/

 ( ̄ー ̄)ニヤリ

 注意)ココまで熱狂して解説?しましたが、我が輩『プラスエスト』様の、回し者ではございません。ナイトライダーのファンの一人です。

 が、しかし本格的に『マイケル…』なんぞとナビゲートするナビを買った日には、家内に愛想を尽かされ、家を追い出され『ホームレス小児科医』になるのでは…お~怖い

 

Tea Time:『V作戦:第六話「ガンダム屋根裏に立つ!であります」』

 Tea Time:0030

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 宇宙世紀マイナス××年10月7日…

 時は満ちた…

 我が輩の他に、誰もいない我が家、ガンプラ工場にてついにその時がやってきた…

 今まで、ジャンクの山にバラバラに隠しておいた部品を一気に掻き集め、ガンダムを完成させる日が…

 最初に、Bパーツを掘り出して…腹部・胸部をつけ…先日作った腕・頭・ランドセルを取り付け、シールド・ビームライフルを取り付けて完成である。

(途中、興奮しすぎて写真取り忘れた…)

Nec_0038_2  で、ようやく完成して気づいたことが…

 大きすぎて屋根裏部屋から、分解しないと出せない

 てことは、診察室に飾ろうとしていたのだが、無理っぽい

 『ラストシューティング』のポーズをとろうとするが、屋根裏部屋の天井高が低いために出来ないしぃ

_ノフ○ グッタリ

 とりあえず、癒し系のハロに慰めてもらうことにして…

Nec_0035

ぽちっとな…ウィーン(機動音)…

我が輩:「ハロ今日も元気だね」

ハロ:「サンキュ~、アムロ!」

 我が輩:「アムロではない!」( ゚皿゚)キーッ!!

 ハロ:「………?」

   (超寒)

 ガンダムはもって降りられそうにないが、ハロは何とかなりそう?

 どこに置こうかな?(またスタッフに怒られそうだけど)

キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

Tea Time:『V作戦:第五話「父さん、父さんは子供より、ガンプラのことが…」』

 Tea Time:0029

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

   (BGMはトイ・ストーリーより『君は友だち』でどうぞ)

 宇宙世紀マイナス××年10月6日…

そろそろ作戦は終盤になってきた。

 残るは、両方の腕・肩と胸。

 複雑な工程なのは腕なので、こちらを頑張ることにする。

 これさえ出来上がれば、後は胸を作って各パーツを合体させて完成まであと少しであります!ケ~ロケロケロ…

 にしても、隠密裏に作戦遂行するのは難しい…そろそろ隠すためのジャンクが無くなってきた…

 ココまでか…隠すにも、明らかに怪しいジャンク山は見つかってしまいます…

 とりあえず、腕作ってしまって、次回一気に合体?であります。

 で、出来上がったのがこれ。

Nec_0033 『やぁ、みんなぁ、元気しているかい?無限の彼方へ、さぁ行くぞぉ』

なんぞと、トイ・ストーリーごっこして遊んでると…子供の声が…

まだ見つかるわけにはいかない、ジャンクの山にせっせと隠して、今回のミッションは中断であります。(A;´・ω・)アセアセ

Tea Time:『V作戦:第四話「認めたくないモノだな…自分自身の若さ故の過ちというモノを…』

MTea Time:0028

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 宇宙世紀マイナス××年10月2日。

 今回もまた敵(子供たち)に見つからないように隠密裏に制作を開始する。

 今回の作戦は、昨日に引き続き一番大きな部品箱B-BOXの中身を作製し、これを空にするモノである。

 残る大きなパーツは、シールドとビームライフル

 手っ取り早く、ささっとな…で出来かがりがこれ。

Nec_0031

 ビームライフルは、そのまま手に持つことが出来、我輩のサイズにちょうどいい。

『そこかぁ!』

 とか

『撃つぞぉ、撃つぞぉ…撃つぞぉぉぉ!!』(爆)

 など危ない独り言を言いながら、ひとしきり遊んだところで、せっせとがらくたの山の中に隠すであります。

 他にも、ランドセルと頭部を作ったところで、時間切れ。

Nec_0032

 そろそろ斥候の次男が帰ってくる。急いでほぼ空になったB-BOXの中身を他の箱に移して、この大きな箱をつぶして、証拠隠滅?!であります(笑)

Tea Time:『V作戦:第参話「これが、連邦のMS…」』

 Tea Time:0027

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

(BGMは、ZZガンダムより「アニメじゃない」でどうぞ)

 宇宙世紀マイナス××年10月1日…しばらくぶりに、作戦を再開する。

 土日や小学校の振り替え休日も有り、我輩のガンプラ工場に偵察の子供たちが出入りする危険もあるため、しばらく隠れての作業が出来ずに本日にいたる。

 今回は、一番目立つB-BOXの中身を組み立て、他のA・C-BOXの中身をこの中に移して3つの箱の占めている空間を少しでも少なくする作戦だ!

 一番大きな箱は、写真のように馬鹿でかい。対照のMGガンダムの箱からするとその巨大さがおわかりになろう…

Nec_0027

Nec_0028

 で、B-BOXの中身で一番の占有体積を誇る脚部の制作に移る。とはいえ出来上がるまでの過程は、ネジ止め、パーツのはめ込みなどが主なため、時間はかからず面倒な作業はない。またA-BOXの中身も大半はあんよの部品なので、これも攻略するであります。

 で、途中経過はすっ飛ばして…出来た足がこれである。

Nec_0029

 やばい!でかすぎる。

 腰部のアーマーもきちんと取り付け、完成したBパーツちょっと先端の棒が邪魔!

Nec_0030

 その上、ここに胸部・腹部パーツが順番に着く様なので、後でAパーツを作って、空中換装!のもくろみが破れた

 気を取り直して、このパーツを隠すことに専念しよう。一つの足を隠すにも、結構な場所が必要だ…けどそこは大丈夫。

 元々物置みたいに半分以上をがらくたで占められているガンプラ工場である。

 このがらくたの中に隠してしまえば、判らないであります。(ZZのアーガマみたいだったりして

Tea Time:『V作戦:第弐話「ガンダム隠密制作命令」』

 Tea Time:0026

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

 キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ……( ̄ー ̄)ニヤリ

 とりあえず、何とか隠密裏に屋根裏ガンプラ工場に搬入は完了した。 

 あとは、敵(子供たちや家内)に発見されないように制作せねば…

 スレ○ダーやジ○ンのように偵察任務?(ゲームなどの物色)の子供たちに見つかると、すぐにその上官である家内に報告があがり、屋根裏部屋急襲の惨劇もあり得る

 下手に、大きく作るとその可能性が格段に上がるため、この際は構造設計図の順番通りではなく、各パーツごとに分散して作製しては、部屋のあちこちに隠蔽しておき、最終的に一気に組み上げる作戦をとることにする。

 出来上がってしまえば、もう奴らには手が出せまい…

 宇宙世紀マイナス××年9月26日、作戦開始である。

 まずはじめに、一番小さな箱のC-BOX?から手をつける。

Nec_0024

 実際小さいと言っても、MGガンダムの箱に並べると…でかい

 設計図を読み飛ばして、C-BOXの中で簡単に組み立てられそうな、マニピュレーター(両手)を組み立てる。

 大きさは大きいモノの、構造はMGやPGに比べると単純なので、それほど時間がかからず組み立てられた。

 関節はネジとビス止めなので比較的強度がある。

 で、途中経過をすっ飛ばして、できあがりがこれである。

Nec_0025

 箱に乗せてみるが、思った以上にでかい。

Nec_0026

 思わず、指相撲を挑んだけどゴツさからいって、絶対負けそう。(それにしても吾輩の手は、むちゃ貧弱やん

Tea Time:『V作戦:第壱話「ガンダムおうちに届く」』

Tea Time:0025

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

(BGMは、魔○の宅急便より、『ルージュの伝言』で)

つい先日の話である。 

 あ~、ついにやってしまった。頭痛い、吐き気がする…

 前日の夕方から何本麦酒飲んだっけ?って、二日酔です。

 翌日起きて、たまっていたEメールみたら…

『ご注文ありがとうございます』

 ???て、謎のメールを確認。

 なんじゃこれ…ってあけてみると、なんと1/12ガンダム 1体!

 メーカー希望価格の○○%OFFの一品。

 うぁ~、酔っぱらった勢いで買ってもうただけどOK。欲しかったんだもん。

 とりあえず、家内に見つからないように、家内の出掛ける日にあわせて、配達をしてもらうことに…

 それから数日…記念すべき宇宙世紀マイナス××年9月22日…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 って、配送された箱を見てびっくり。

 なんだぁ~このでっかい箱は、アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!…しかも3個もある…

Nec_0023

 とにかく見つかる前に、我が輩の屋根裏ガンプラ工場に秘密裏に移動して…

シートをかけてできあがり。

後は、時間を見つけて作製する、であります!

Tea Time:『ものおき戦争』

Tea Time:0024

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

夏がきたぁ!

 気象庁の梅雨明け宣言よりジメジメした日が多く、

『どこが、梅雨明けじゃぁ?!』

 と思っておりましたが、8月に入って当地の夏祭りが始まったと思ったら…
 いきなり、『あづい~』日が続きますね。

 夏はこうでなきゃ!
 仕事上がりの冷たいビ○ルは、暑い日に飲むのは格別であります。
 仕事上がりに1杯、風呂上がりに1杯…くぅ~っ、止められませんな。
 しばらく、このような天気が続いてほしいのは我が輩だけ?

 とまぁ、オヤジくさい話はさておいて、本題のTeaTime!お待ち遠様でした!(誰も待っていないってぇの!)以下、本題です(笑)

 (BGMは、おなじみの『ケロッとマーチ』でどうぞ!)

 先日、珍しく診察室にある不要な薬のパンフレットなどをお片づけしていると…

「先生、お片づけしていただくのは良いことなんで、『もっと、まめに!』していただきたいのですが…」

 とスタッフCからのきつい一言。

「ごめん、ごめん。整理整頓は冬場に暇がないからなぁ~ちょっとやる気になったから!」

 と、黙々と作業を続ける我が輩。
 出てくる、出てくる不要なパンフやファックスの紙。
 結構な厚さになると、それを片づけるスタッフ…
 何も言わずに、診療の合間を縫って片づけること数時間…
 だいぶすっきりした診察室周辺…

「やればできるじゃないですかぁ!」

 って、おい。
 我が輩!子供じゃないんだから、そりゃできますよ~だ!

「いつもこうやって片づけていただくと、私たちも助かるんですけどねぇ~」

 と、感心顔のスタッフC。
 診察室周りがいつの間にか片づいていていたのは、彼女たちが片づけていてくれたためだったんですねぇ、感謝!感謝!感謝!

「ところで、今度は何を持ってくるんですか?また『なんとかガ○ダム』ですか?」

と、非常に疑わしい目で見るスタッフC。

「へ?…何で?」

「『何で?』も何も、先生が片づけるときには何か持ってくるときなんですよ。つい先日もレントゲンの機械周りを片づけたなぁ?と思っていたら、次の日にはでっかい『何たらガ○ダム』どかんと置いているし…」

「Z-ガ○ダム。ジャンボ・グレードやん。一部パーツの差し替えで、ウェーブライダーに変形できる。名前覚えといた方が、良いぞ!」

「…いや、遠慮しておきます(苦笑)。その前なんかも、机周りきれいにしたなぁと思ったら、ガンプラじゃない黒い『何たらガ○ダム』持ってくるし…」

 いい加減、名前覚えてほしいな!と思いながら

「サイコ・ガ○ダムや!変形するから、おもろいぞ!スタッフSも変形するからおもしろがっているし…」(笑)

 あきれ顔のスタッフC。

「だんだん、先生のおもちゃが増えてくるんですけど…スタッフ全員、恐れているんですよ!掃除の時に壊さないかと(もう完全に怒っています…たぶん)」


「壊さないようにしてね、大事なコレクションものだから!」

 その通り。我が輩のコレクションもの一部を、屋根裏部屋から持ってきております。

「壊されたくなかったら、先生のお部屋に飾った方が良いんじゃないですか?」

 はい、そりゃごもっともなご意見で…
 できれば、そうしたいところです。
 しかしそれができないんですよ。(悲)
 なぜなら、屋根裏部屋は先の2回地震の影響により壊滅的被害にあいまして復旧作業もままならない状態…ガンプラ・PCの部品箱による崖崩れ、飾っていたガ○ダムやマク○ス等のメカの棚からの滑落&医学書など分厚い本の下引きによる破損(メガゾ○ン23のプロト・ガ○ランドのあんよがとれたぁ!など(大号泣))など…見るも無惨な状態のため、救出できた物の保管場所がないのであります。
 まだまだ救出作業は続く…復旧のめどは年末かな?
 ついでにいうなら、この時期の屋根裏部屋はまさしく『へるしお部屋』。
 すばらしいくらいの熱量で、10分も中にいよう物なら、多量の汗とそれなりの皮脂が、ダラダラとしたたり落ちる状況です。
 一応、クーラーなんぞもとりつけておりますが、部屋の熱気がとてつもないために、最強でも冷えてくるまでに1時間くらいかかります。

「できればそうしているんだけど…」

 と、前述の理由(言い訳ともいうが)を説明し、何とかかんとかスタッフCを説得する。

「持ってきても良いですけど、壊されても知りませんよ!」

 とりあえず。了承はいただいた。(ニヤリ)
 今度は何を持ってこようか…コレクションの救出が先だけど…その前に場所を確保せねば。(これが死活問題だけど)
 受付後ろの棚とかが、飾っておくには丁度良いんだけど…

「先生!受付の後ろの棚は、だめですよ!書類を置いて作業するので…」

 ちぃ~っ!バレていたか?
 けど、置いた物勝ち!であります。休診日の後は特に…ケーロ、ケロ、ケロ…
 そろそろ、また模様替えでもしようかな?
 今度はマニアックなマク○スシリーズでそろえちゃおうかな?(嬉)
 スタッフとの『ものおき戦争』は、まだまだ続く?!…であります!

 m(_ _)m(爆)

より以前の記事一覧