最近のトラックバック

予防接種

岩手県内全市町村の定期予防接種が受けれるようになりました!

以前までは市外の予防接種は、

奥州市、金ケ崎町のみ受け入れていましたが、

「広域接種パスポート」を申請していただくと、

北上市市外のお子様も定期の予防接種が受けれるようになりました(v^ー゜)!

~対象となる方~

かかりつけ医または主治医が住所地市町村外の岩手県内にある方

②お母さんの里帰り出産施設に入所しているなど、住所地市町村外の岩手県内長期滞在している方

③その他やむを得ない事情で、住所地市町村で予防接種を受けてるのが困難な方

となります。

岩手県の広域的予防接種事業についてのリンクです。

詳しくはコチラ↓

http://www.pref.iwate.jp/iryou/kenkou/yobou/062894.html

当院では、土日の予防接種・乳児健診

受け入れております!

是非ご利用下さい(*゚▽゚)ノ

2017-2018シーズン・インフルエンザワクチン接種について

 平成29年12月8日(金)現在、接種希望患者さんの急増により、当院でもインフルエンザワクチンの在庫が少なくなってきております。

 当初の御案内通り、無くなり次第終了となりますので、ご了承下さい。

(ご希望の方はお早めに接種のほど宜しくお願いします。)

 本格的に在庫が尽きそうになった場合には、①来院受付(院内にて接種待ち)を最優先、②窓口予約(有人電話)、③電話予約の順のさせていただきますので、予めご了承下さい。

 

 また未確定情報ではございますが、一時終了後も年末などに追加で納品される可能性もございます。(TV等の報道のようには、流通はしておりません)

 中止/再会の御案内は、このブログにて行います。

 ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

平成28年度インフルエンザワクチン接種開始しております

 今年も静かに、インフルエンザワクチン接種開始しております。

 昨年度からワクチンに使用している株が変更となっております。

 ○2016/2017冬シーズン
    A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
    A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)  ←ココが変更
    B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
    B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)


○2015/2016冬シーズン
    A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
    A/Switzerland(スイス)/9715293/2013(NIB-88)(H3N2)
    B/ Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
    B/ Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

 ご希望の方は、予約なしでも摂取できますが、予約したいただいた方が当院側として薬液の準備がスムーズにできますので、可能であればご予約ください。(受付窓口にお電話ください。)

 なお、薬液が無くなり次第終了となります。例年ですと年明け後~2月頃なくなることが多いですので、あまり遅くの接種には対応致しかねますので、ご容赦ください。

 

 13歳未満は原則2回接種。13歳以上は1回でも可能。

 毎年書いていることですが、13歳以上の方で、受験生の方は受験期(3月末)に、一度ついた抗体が少なくなるために、感染してしまうことがあります。

 大事をとるのであれば、2回接種をおすすめします。

  問診票は、当院で準備しておりますので、窓口にお問い合わせください。

冬期間(11月から翌年3月まで)の日曜日の予防接種受付時間について

 冬期間(11月から翌年3月まで)は、日曜日の午前中が風邪ひき(インフルエンザ)患者さんが占める割合が多くなって参ります。

 そのため、せっかく体調を万全にして予防接種にいらしていただいたのに、風邪ひき患者さんが多いのでは、うつされる危険性が高くなるため、比較的その患者さんの割合が低い午後に、予防接種希望者を集中していただく目的で、日曜日の予防接種の受付を午後の診療時間にあわせて(13:30~16:45)と変更になります。

 宜しくお願いします。

平成26年度のインフルエンザ予防接種について

今期のインフルエンザ予防接種の接種を平成26年10月15日より開始します。

 今回の当院で接種する薬液は、2009年に流行った新型インフルエンザA型、季節性インフルエンザA型とB型の3種類が混ざった、3価ワクチンといわれるモノで、新型と季節性を1回に接種できるモノです。優先順位の規定もないため希望があれば、すぐにでも接種できます。

 ご希望の方は、予約なしでも摂取できますが、予約したいただいた方が当院側として薬液の準備がスムーズにできますので、可能であればご予約ください。(受付窓口にお電話ください。接種費用は消費税率アップのため、昨年度より100円程度上がります。)

 なお、薬液が無くなり次第終了となります。例年ですと年明け後~2月頃なくなることが多いですので、あまり遅くの接種には対応致しかねますので、ご容赦ください。

 

 13歳未満は原則2回接種。13歳以上は1回でも可能。

 毎年書いていることですが、13歳以上の方で、受験生の方は受験期(3月末)に、一度ついた抗体が少なくなるために、感染してしまうことがあります。

 大事をとるのであれば、2回接種をおすすめします。

  問診票は、当院で準備しておりますので、窓口にお問い合わせください。

平成25年度のインフルエンザ予防接種について(10月16日より接種開始予定)

 今期のインフルエンザ予防接種の接種を平成25年10月16日より開始します。

 今回の当院で接種する薬液は、2009年に流行った新型インフルエンザA型、季節性インフルエンザA型とB型の3種類が混ざった、3価ワクチンといわれるモノで、新型と季節性を1回に接種できるモノです。優先順位の規定もないため希望があれば、すぐにでも接種できます。

 ご希望の方は、予約なしでも摂取できますが、予約したいただいた方が当院側として薬液の準備がスムーズにできますので、可能であればご予約ください。(受付窓口にお電話ください。接種費用も昨年からの据え置きです。来年度からは、消費税が上がるため多少値上がりするかと・・・ご容赦下さい。)

 なお、薬液が無くなり次第終了となります。例年ですと年明け後~2月頃なくなることが多いですので、あまり遅くの接種には対応致しかねますので、ご容赦ください。

 なお一昨年度より、予防接種の接種量が以下のように変更となりました。

 3歳未満が0.25mL、3歳以上:0.5mLと増量になります。

 13歳未満は原則2回接種。13歳以上は1回でも可能。

 毎年書いていることですが、13歳以上の方で、受験生の方は受験期(3月末)に、一度ついた抗体が少なくなるために、感染してしまうことがあります。

 大事をとるのであれば、2回接種をおすすめします。

  問診票は、当院で準備しておりますので、窓口にお問い合わせください。

4種混合ワクチンについて、11月7日改訂

 11月1日より開始されました、4種混合ワクチンですが当初の流通量が非常に少量であったため、当院では完全予約制を取っておりましたが、ようやくこれも改善される様子です。

 本日より予約なしでも可能です。

 但し一度に集中してしまいますと、在庫切れのこともありますので、在庫管理の関係上、①窓口予約。②無人予約。③予約無し。の優先順位で在庫確保させていただきます。

 ①窓口予約いただいて、確保できた際には無条件で接種可能です。しかしながら、②③につきましては、窓口予約分の差し引いた後、在庫があれば接種できますが、在庫状況によっては接種を後日に変更させていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。

4種混合(DPT+ポリオ)ワクチン希望の方へのお知らせ

 平成24年11月1日より、4種混合ワクチン(百日咳・破傷風・ジフテリア+不活化ポリオ)の定期接種が始まりますが、メーカーからの生産・出荷量が非常に少ないため医療機関への配分が非常に少量となっております。

 従来当院では予約なしでも、3種混合やポリオの予防接種をしておりましたが、今回の4種混合ワクチンに関しては、流通が潤沢になるまでのしばらくの間、窓口予約による完全予約制とさせていただきます。

 不可抗力による接種可否の混乱を避けるため、苦渋の決断を取らせていただきました。

 何卒よろしくお願い申し上げます。

不活化ポリオの予防接種が開始となりました

 平成24年9月1日(土)より、不活化ポリオの予防接種(皮下注射)が、開始となりました。

 メーカサイドからの供給量が、開始当初~数ヶ月間需要に対して少ない状態が続く事が予想されます。

 本来3週間以上間隔を開けて2回目接種となるのですが、供給量不足から8週間間隔(厚労省からは、状況により8週間以上でも可能との通達あり)での接種も視野に入れて、接種スケジュールを組むようにとの情報が入っております。

 2回目以降の接種は、接種より4週間~8週間間隔でお願いいたします。

 当院でも、9月1日現在予約無しで接種できますが、接種希望者が集中しますと在庫が無いため、予約者以外接種できない状況になり得ます。

 可能であれば、接種予約の程をお願いします。

 

平成23年度インフルエンザ予防接種を10月17日から開始します

 タイトル通り、今期のインフルエンザ予防接種の予約および接種を10月17日より開始します。

 今回の当院で接種する薬液は、昨年流行った新型インフルエンザA型、季節性インフルエンザA型とB型の3種類が混ざった、3価ワクチンといわれるモノで、新型と季節性を1回に接種できるモノです。昨年とは異なり、優先順位の規定もないため希望があれば、すぐにでも接種できます。

 また以前より『痛みが少ない』と好評でした、チメロサールを含まない薬液を採用しました。

 ご希望の方は、予約なしでも摂取できますが、予約したいただいた方が当院側として薬液の準備がスムーズにできますので、可能であればご予約ください。(受付窓口にお電話ください)

 なお、薬液が無くなり次第終了となります。例年ですと年末になくなることが多いですので、あまり遅くの接種には対応致しかねますので、ご容赦ください。

 なお今年度より、予防接種の接種量が以下のように変更となります。

 3歳未満が0.25mL、3歳以上:0.5mLと増量になります。

 13歳未満は原則2回接種。13歳以上は1回でも可能。

 毎年書いていることですが、13歳以上の方で、受験生の方は受験期(3月末)に、一度ついた抗体が少なくなるために、感染してしまうことがあります。

 大事をとるのであれば、2回接種をおすすめします。

  問診票は、当院で準備しておりますので、窓口にお問い合わせください。

より以前の記事一覧