最近のトラックバック

« 小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価が厚生労働省からの発表されました | トップページ | 平成23年6月の休診日・休日当番医のお知らせ »

小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種が再開されました。

 本日より、5歳未満の乳幼児への小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種が再開され、また公費で接種が可能となりました。

 厚生労働省より以下の発表があります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016yw1.html

 北上市では、まだ接種対象者への個別通知は、急な発表であったため体制が整わないため、後日通知されるそうです。ただ希望があれば、通知が無くても4月1日以降分は公費で助成されるとのことです。

 他の市町村の対応は今のところ不明ですので、お住まいの市町村の担当課にお問い合わせください。

« 小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価が厚生労働省からの発表されました | トップページ | 平成23年6月の休診日・休日当番医のお知らせ »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

花巻市在住ですが、ヒブと肺炎球菌ワクチンの接種は、そちらでできますか?(市から接種券が送付されてきました)

お問い合わせ有り難うございます。

 花巻市の場合、予診表を持ってきて頂いてすぐに接種することは出来ません。

 事前に花巻市役所に問い合わせて頂き、市役所側から当院に連絡がきてから接種が可能となります。

 予防接種希望者からのお問い合わせがありますが、花巻市側が契約を渋り、当院と花巻市との間での委託契約が出来ていないためこの様になります。
 誠に申し訳ございません。crying

 重ね重ねお願い致しますが、あらかじめ花巻市側にご連絡の上、接種希望日を花巻市にお伝え下さい。
 当院では、連絡が花巻市側からきてからであれば、接種が可能です。

よくわかりました。
お忙しいところ、早速の返信ありがとうございましたm(__)m

ワクチンは国産ですか?
安心して接種出来ますか?

来週に行きたいと思ってるんですが…。

佐藤様
お返事が大変遅くなりまして、誠に申し訳ございません。
ワクチンの精製(原材料は外国製だったかと思います)は、日本国内で行われております。また衛生基準は世界でも一番厳しい日本の基準をクリアしております。
 副作用の発現例で最も多いのは発熱、接種部位の腫脹(腫れること)であり、3月に問題になった死亡例は国際的にみてもその発現例は少なく、その時期に重なったため副作用的に死亡した例が多く見られる様です。
 ほかの予防接種とほとんど副作用の発現率は変わらないようです

先月後半に発熱が続きマイコと診断された者です。ジスロマック処方されましたが効かず…夜中に中部受診しRSウイルスも言われて、入院治療しました。おかげで今では元気に保育園に行っています!!とどり先生にはお父様の時から私もお世話になり、自分の子供もお世話になり感謝してます!今後もどうぞよろしくお願いします(^^)
記事に関係ないコメント、長文失礼しました。
また、私の主人がガンダム好きで…いつか先生と語りたいと言っていました(笑)

チョッパー様

 お返事が遅くなりまして誠に申し訳ございません。
 マイコプラズマ+RSウィルス感染症で入院加療でしたか…それはご本人もまたご家族も大変だったでしょう。
 元気に回復されて良かったですhappy01
 そうなんです。私、ガンダム好きです(笑)
 ご主人さんもガンダムが好きとのことで、気が合いそうですね。語らせたら長いよ~っていうか、仕事になりませんので、ご容赦を(爆happy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価が厚生労働省からの発表されました | トップページ | 平成23年6月の休診日・休日当番医のお知らせ »