最近のトラックバック

« 速報(重要):小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種見合わせについて | トップページ | ガソリン不足による診療体制の変更のお知らせ »

地震に負けないように、診療を始めました!

 東北地方太平洋沖地震で被災された方には、非常に胸が苦しく感じております。

 私事ですが、医師に成り立ての頃、県立宮古病院でお世話になりました。当時の小児科の佐々木謙司先生、川原田隆司先生、開業医の内田先生、豊島先生には言葉にならないくらいお世話になり、今の私がいるのもそこで育てて頂いたと思っております。しかし、この先生方との連絡がとれず、消息不明で、遠く離れた北上の地で、いまはただ無事でいて欲しいと神に祈るしかありません。どなたか消息がわかる方は、お教え頂ければ幸いです。

 当院は停電、一部備品の破損などの被害がありましたが、何とか復旧しました。

 本日より微力ながら診療を再開しました。

 但し、非常事態であります故、ご不便をかけるかと思います。ご了承下さい。

 この災害の復興に役立ちたいとスタッフ一同思っております。

 通常通りの診療を行いたいと思いますが、何分、診療材料(診断キットなど)・薬剤の流通が不透明であるため、十分な診療が出来るとは断言できません。

 出来る限りの診療を続けたいと思います。

 また、停電地域から来院された方で、携帯電話の充電が不十分な方には、対応機種は限られますが、診察待ち~診察終了までの間、無料充電も行っております。お気軽にスタッフにお声をかけてください。

« 速報(重要):小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種見合わせについて | トップページ | ガソリン不足による診療体制の変更のお知らせ »

診療案内」カテゴリの記事

コメント

宮古から、避難してきた、保健婦をしている義理の妹の話です。

病院で診察していれば、川原田先生と、豊島先生の病院には、津波は行ってないはず。行ってもくるぶし位ではとの事です。

内田先生は、地震前に、宮古の保健センターで、2時頃まで、乳幼児検診をしていたそうです。

佐々木先生は、宮古病院にいれば、大丈夫だと思うそうです

このような情報ですみません。

未来夢様、貴重な情報有り難うございます。

非難されてきた妹様、被災されて私どもの目につかない(TVで伝えられない)悲惨な状況から、よくぞご無事でおられました。本当に良かったですね。

惨状から生還された方がおられ、先生方、並びに現地の方の多くの健在である多少希望の火が強くなったと勝手に感じております。有り難うございました。

義理の妹は明日、同僚が
、必死に被災した方々のお世話をしているのに、自分だけに避難している訳には行かないと、
宮古に、戻ります。妹には四歳の子供がいるのですが、地震の恐怖を体験した上に、父親に逢えない辛さやショックで気持ちが不安定になり、宮古に帰りたいパパに逢いたいと泣く毎日です。
そんな子供を連れて明日宮古に戻ります。妹は何か先生方の情報が分かったら、教えてくれるそうです。私は、宮古に戻る
、妹家族、被災された方々の無事をただただ祈るしかありません。

被災された方々の為に、何が出来るか、考えて行きたいと思います。

とどり先生をはじめスタッフの皆様も、大変だと思いますが、頑張って下さい。

未来夢様、妹様

自分で、今、世の中に何かできることを、出来るだけの事をする、妹さんの見えない姿に感銘致しました。

妹様、そしてお子様、宮古に再度戻られるとのこと。どうかご無事で、お体に気をつけて頑張ってください。

私は、出来ることをしていきたいと思います。有り難うございました。

 先ほど、患者さんのお母さんより連絡があり、川原田先生と、豊島先生の無事が確認され、かつ診療を始められているとのこと。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 良かった~。ホントに良かったsign03・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 こんなに嬉しいことはないです。
 この先生方より、ず~っと良い環境(被害が少ない)であることに、申し訳ない思いがありますが、先生方に負けないよう頑張りたいと思います。

ふと先生を思い出しました

娘が大変お世話になりました
もう13年ぐらい前ですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 速報(重要):小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種見合わせについて | トップページ | ガソリン不足による診療体制の変更のお知らせ »