最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価が厚生労働省からの発表されました

  平成23年3月24日(木)付けで、厚生労働省より小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価結果が発表になりました。

 それによりますと、(以下一部抜粋)

1)現段階の情報において、いずれもワクチン接種との直接的な明確な因果関係は認められないと考えられる。

2)諸外国の死亡報告の死因では、感染症や乳幼児突然死症候群が原因の大半を占めており、いずれもワクチンとの因果関係は明確ではない。国内で今回見られている死亡報告の頻度(両ワクチンとも対10万接種当たり0.1~0.2程度)及びその内容からみて、諸外国で報告されている状況と大きな違いは見られず、国内でのワクチン接種の安全性に特段の問題があるとは考えにくい。

3)、副反応発現率は単独接種に比べ高い傾向がある。一方、鹿児島大学の調査では、小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチンの同時接種と単独接種の副反応発現率に有意差はない。いずれの調査でも、同時接種により重篤な副反応の発現は増加していない。

4)同時接種における副反応の発現率は、単独接種に比べて高い傾向があるとする報告もあるが、重篤な副反応の増加は認められておらず、特に安全性上の懸念は認められない。

今後の対応について

(1) これまでに収集した症例に関する情報、国内外の情報を踏まえると、現時点では、小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの接種と死亡例との間に、直接的な明確な死亡との因果関係は認められないと考えられる。

(2) 両ワクチンの同時接種に関する情報等からは、安全性上の懸念はないと考えられる。そのうえで、小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの使用に際して、慎重を期して、下記の事項に留意することが適当。

① 小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンについては、同時接種により、である。
短期間に効率的に予防効果を獲得できるメリットが期待されると同時に、それぞれ単独接種が可能であることを示した上で、同時接種を行う場合には、その必要性を医師が判断し、保護者の同意を得て実施する。

② また、重篤な基礎疾患、例えば重篤な心疾患のある乳幼児については、髄膜炎等の重症感染症予防のためにワクチン接種が望まれるものであり、状態を確認して慎重に接種する。その際、単独接種も考慮しつつ、同時接種が必要な場合には、医師の判断により実施する。

 詳しくは、下記PDFファイルをご参照ください。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000167mx-img/2r985200000167oe.pdf

※3月初旬より小児肺炎球菌・HiBワクチンについての接種後に数例死亡例が認められ、因果関係が否定できないとして一時中断になっておりました。

 再開時期については明言しておりません。今後の厚生労働省・市町村からの発表をお待ちください。

通常診療に戻りました!(喜)

 ようやく薬・診療材料の卸業者の流通がほぼ正常化しましたので、今まで通りの通常診療体制に戻りました。

 予防接種の薬液も、通常通り入手できるようになりました。

 スタッフのガソリンも少量ながら入手できた様子(休日返上で夜中からガソリンスタンドの開店に並んで入手したとのこと)です。m(_ _)mご苦労様でした。

 ただし、抗体検査など特殊検査(外部委託)につきましては、検査会社の復旧が遅れているため、通常より時間が掛かるそうです。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。  院長

岩手県医師会員の安否確認情報公開

 岩手県医師会では、東北地方太平洋沖地震における会員の安否確認情報を公開・募集しているようです。

 他の記事でお世話になった先生の安否をお教えいただきましたが、確認できない宮古市医師会の内田瑛子先生が不明、その他沿岸の先生方で安否不明の先生方のお名前が公表されております。

http://www.iwate.med.or.jp/

 もしもこの記事をご覧になった方で、これらの先生方の安否をご存じの方がいらっしゃいましたら、岩手県医師会までお教えいただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

メールアドレス:ima00@iwate.med.or.jp

ガソリン不足による診療体制の変更のお知らせ

 この度の震災によりまして、当院のスタッフの間でも深刻なガソリン不足に陥っております。

 頑張って、遠い所(山越え谷越え?)から、一生懸命、自転車で通勤していただいているスタッフがおります(っていうか、一人を除いて全員です)。

 このスタッフ達にも通勤の安全を確保せねばならない関係上、夕方より減員しての診療となります。

 問診・診察・処置に、大変お時間が掛かりご迷惑をかけるかと思いますが、診療時間の変更をせずに、通常通りの診察時間を提供致したいと思いますので、何卒ご容赦のほど宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

  とどり小児科医院 院長 都鳥和理(とどり かずよし)

地震に負けないように、診療を始めました!

 東北地方太平洋沖地震で被災された方には、非常に胸が苦しく感じております。

 私事ですが、医師に成り立ての頃、県立宮古病院でお世話になりました。当時の小児科の佐々木謙司先生、川原田隆司先生、開業医の内田先生、豊島先生には言葉にならないくらいお世話になり、今の私がいるのもそこで育てて頂いたと思っております。しかし、この先生方との連絡がとれず、消息不明で、遠く離れた北上の地で、いまはただ無事でいて欲しいと神に祈るしかありません。どなたか消息がわかる方は、お教え頂ければ幸いです。

 当院は停電、一部備品の破損などの被害がありましたが、何とか復旧しました。

 本日より微力ながら診療を再開しました。

 但し、非常事態であります故、ご不便をかけるかと思います。ご了承下さい。

 この災害の復興に役立ちたいとスタッフ一同思っております。

 通常通りの診療を行いたいと思いますが、何分、診療材料(診断キットなど)・薬剤の流通が不透明であるため、十分な診療が出来るとは断言できません。

 出来る限りの診療を続けたいと思います。

 また、停電地域から来院された方で、携帯電話の充電が不十分な方には、対応機種は限られますが、診察待ち~診察終了までの間、無料充電も行っております。お気軽にスタッフにお声をかけてください。

速報(重要):小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種見合わせについて

 厚生労働省は、兵庫県等で起きた小児肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を受けた乳児の死亡例が4例に上がったことを受けて、死亡との因果関係は不明とのことだが、当分の間、小児肺炎球菌とHiBワクチンの接種について中止すると発表になりました。

 関係各所、市町村への通達は明日以降になるとの事ですが、この発表を受けまして、当院でも当分の間、これら2種類の接種を見合わせることと致しました。

 詳細は以下の厚生労働省ホームページをご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/kinkyu/2r98520000013zrz.html

 ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »