最近のトラックバック

« 通常診療に戻りました!(喜) | トップページ | 小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種が再開されました。 »

小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価が厚生労働省からの発表されました

  平成23年3月24日(木)付けで、厚生労働省より小児肺炎球菌・HiBワクチンの安全性の評価結果が発表になりました。

 それによりますと、(以下一部抜粋)

1)現段階の情報において、いずれもワクチン接種との直接的な明確な因果関係は認められないと考えられる。

2)諸外国の死亡報告の死因では、感染症や乳幼児突然死症候群が原因の大半を占めており、いずれもワクチンとの因果関係は明確ではない。国内で今回見られている死亡報告の頻度(両ワクチンとも対10万接種当たり0.1~0.2程度)及びその内容からみて、諸外国で報告されている状況と大きな違いは見られず、国内でのワクチン接種の安全性に特段の問題があるとは考えにくい。

3)、副反応発現率は単独接種に比べ高い傾向がある。一方、鹿児島大学の調査では、小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチンの同時接種と単独接種の副反応発現率に有意差はない。いずれの調査でも、同時接種により重篤な副反応の発現は増加していない。

4)同時接種における副反応の発現率は、単独接種に比べて高い傾向があるとする報告もあるが、重篤な副反応の増加は認められておらず、特に安全性上の懸念は認められない。

今後の対応について

(1) これまでに収集した症例に関する情報、国内外の情報を踏まえると、現時点では、小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの接種と死亡例との間に、直接的な明確な死亡との因果関係は認められないと考えられる。

(2) 両ワクチンの同時接種に関する情報等からは、安全性上の懸念はないと考えられる。そのうえで、小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンの使用に際して、慎重を期して、下記の事項に留意することが適当。

① 小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンについては、同時接種により、である。
短期間に効率的に予防効果を獲得できるメリットが期待されると同時に、それぞれ単独接種が可能であることを示した上で、同時接種を行う場合には、その必要性を医師が判断し、保護者の同意を得て実施する。

② また、重篤な基礎疾患、例えば重篤な心疾患のある乳幼児については、髄膜炎等の重症感染症予防のためにワクチン接種が望まれるものであり、状態を確認して慎重に接種する。その際、単独接種も考慮しつつ、同時接種が必要な場合には、医師の判断により実施する。

 詳しくは、下記PDFファイルをご参照ください。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000167mx-img/2r985200000167oe.pdf

※3月初旬より小児肺炎球菌・HiBワクチンについての接種後に数例死亡例が認められ、因果関係が否定できないとして一時中断になっておりました。

 再開時期については明言しておりません。今後の厚生労働省・市町村からの発表をお待ちください。

« 通常診療に戻りました!(喜) | トップページ | 小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種が再開されました。 »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

ポリオの不活化ワクチンの接種は、とどり先生の所では可能ですか?

★様
 大変申し訳ございません。当院では不活化ポリオ・ワクチンは接種出来かねます。
 不活化ポリオ・ワクチンは国内で現在製造されておらず、今は個人輸入に頼る形です。
 個人輸入で入手し、接種した場合、厚生労働省の認可もないため、何らかの副作用が出た場合、自己責任で保証がありません。そのため今のところ当院では接種を見合わせている現状です。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通常診療に戻りました!(喜) | トップページ | 小児肺炎球菌・HiBワクチンの接種が再開されました。 »