最近のトラックバック

« 平成23年1月の休診日のお知らせ(15日以降) | トップページ | 平成23年2月の休診日・休日当番医のお知らせ »

予防接種の種類によっては同時接種が可能です

 今年4月からHiBワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、子宮頚癌ワクチンの助成が始まる事となりました。今のところ、平成23年度のみの時限措置のようです。

 北上市では4月1日より開始予定です。

 それに伴い、生後2ヶ月から開始できる肺炎球菌ワクチンなどは、これまでの接種方法ですと『不活化ワクチン』のため、接種後1週間間隔を開けないと他の種類の予防接種が出来ず、生後間もない子供たちと親御さんに頻回の病院受診を促さなければならず、非常にご苦労をかけておりました。

 さる1月19日付けで日本小児科学会、30日付けで都道府県小児科医会当てにワクチン同時接種に関する情報提供がなされました。

 これに伴い、HiBワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、3種混合ワクチン、BCG等の同時接種が可能となりました。

 1回の来院で複数のワクチンが接種出来ますが、同時接種のワクチン数によりまして体格の小さなお子様ですと腕だけではなく大腿に接種せざるを得ない場合があります。

 接種スケジュール、接種種類の同時個数などは、スタッフにお問い合わせください。

 

« 平成23年1月の休診日のお知らせ(15日以降) | トップページ | 平成23年2月の休診日・休日当番医のお知らせ »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成23年1月の休診日のお知らせ(15日以降) | トップページ | 平成23年2月の休診日・休日当番医のお知らせ »