最近のトラックバック

« Tea Time:『V作戦:第弐話「ガンダム隠密制作命令」』 | トップページ | Tea Time:『V作戦:第四話「認めたくないモノだな…自分自身の若さ故の過ちというモノを…』 »

Tea Time:『V作戦:第参話「これが、連邦のMS…」』

 Tea Time:0027

<注:このコーナーは、医院とは関係のない?!コーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

(BGMは、ZZガンダムより「アニメじゃない」でどうぞ)

 宇宙世紀マイナス××年10月1日…しばらくぶりに、作戦を再開する。

 土日や小学校の振り替え休日も有り、我輩のガンプラ工場に偵察の子供たちが出入りする危険もあるため、しばらく隠れての作業が出来ずに本日にいたる。

 今回は、一番目立つB-BOXの中身を組み立て、他のA・C-BOXの中身をこの中に移して3つの箱の占めている空間を少しでも少なくする作戦だ!

 一番大きな箱は、写真のように馬鹿でかい。対照のMGガンダムの箱からするとその巨大さがおわかりになろう…

Nec_0027

Nec_0028

 で、B-BOXの中身で一番の占有体積を誇る脚部の制作に移る。とはいえ出来上がるまでの過程は、ネジ止め、パーツのはめ込みなどが主なため、時間はかからず面倒な作業はない。またA-BOXの中身も大半はあんよの部品なので、これも攻略するであります。

 で、途中経過はすっ飛ばして…出来た足がこれである。

Nec_0029

 やばい!でかすぎる。

 腰部のアーマーもきちんと取り付け、完成したBパーツちょっと先端の棒が邪魔!

Nec_0030

 その上、ここに胸部・腹部パーツが順番に着く様なので、後でAパーツを作って、空中換装!のもくろみが破れた

 気を取り直して、このパーツを隠すことに専念しよう。一つの足を隠すにも、結構な場所が必要だ…けどそこは大丈夫。

 元々物置みたいに半分以上をがらくたで占められているガンプラ工場である。

 このがらくたの中に隠してしまえば、判らないであります。(ZZのアーガマみたいだったりして

« Tea Time:『V作戦:第弐話「ガンダム隠密制作命令」』 | トップページ | Tea Time:『V作戦:第四話「認めたくないモノだな…自分自身の若さ故の過ちというモノを…』 »

Tea Time」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Tea Time:『V作戦:第弐話「ガンダム隠密制作命令」』 | トップページ | Tea Time:『V作戦:第四話「認めたくないモノだな…自分自身の若さ故の過ちというモノを…』 »