最近のトラックバック

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

お盆休みについて

 平成19年8月13日(月曜日)~16日(木曜日)まで、お盆休み(夏期休暇)を取らせて頂きます。

 ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 ☆8月11日(土曜日)・12日(日曜日)は通常通り診療致します。

<追加:8月1日>お盆期間中の北上市内医療機関休診日について。

   http://www.city.kitakami.iwate.jp/file_l/1000061250_P18-19.pdf

 (北上市広報7月27日付より抜粋)

追加>PDFファイルですので、Adobe Readerなどが必要になります。WINDOWSの方は、こちらからどうぞ…

  http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

TeaTime:『へっぽこ隊員、入隊するであります!』

Tea Time:0020

<注:このコーナーは、医院とは関係のないコーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

     <BGMは、毎度おなじみ『ケロッとマーチ』でどうぞ>

 最近?ちまたをわかせた『1週間で痩せられる?』などのふれこみ広告や、芸能人(芸人さんが多い?)やセレブなお方がしているとの触れ込みの

  『びり○ず・ぶ○と・きゃんぷ』

なるモノをネットで入手できたので入隊したであります!(ただおもしろ半分に、やってみただけなのでありますが…)

 蛇足ですが、吾輩、セレブな方たちの仲間ではありません。(詳しくはTeaTime0002参照)

 この『びり○ず…』も、某TVショッピングでは1万4千円ぐらいするのですが、そんなお小遣いは吾輩には無いのであります。

 MGガンプラ1個ぐらいが良いところであります。(3000~5000円程度/月)

 けれども、そこはネットで検索したらありました…もっと安いところ…送料込みで約7000円也。これなら、1ヵ月我慢すれば何とか買えるであります。(ケ~ロ、ケロ、ケロ?(謎))

 で、待つこと約1ヵ月…ついにきました『びり○ず…』。

 最新版の『えりーと』バージョンもあるようですが、基本版よりも激しいモノのようなので、恐れをなして基本版を購入しました。もちろん『びり○ず・ばんど』なる最凶のバンドも入っていました。(笑)

 で、早速してみたであります…

 とりあえずはベーシック・トレーニングから…。

     <BGM:ロッキーのテーマに変更してね(爆)>

 最初の方は楽勝で、ついて行くことが出来るでありますが…

 『one、two…seven、eight!』 (余裕、余裕!)

 20分を過ぎたあたりから始まる、左右への回し蹴り?、前後に動きながらの前後へのキックを取り入れた運動(空手みたい)になると…ついて行くのが困難になる

 『うぉ~…つ、辛いですぅ~』 (汗・汗・汗!)

 そのうち『びり○ず・ばんど』なるモノを、足につけ手で足からのびるゴム状のひもを引っ張るのだが、運動不足の吾輩には腕の筋肉が程なくして、言うことを聞かない(ストライキ)状態になるため、とりあえずしばらくは部屋の片隅に『ポイっ』であります。(この時点でかなり筋肉痛あり…)

30分過ぎから始まる、横になって腹筋を主に使う運動は…

 『☆○△□※…』 (声にならない…)

 ひっくり返された亀のように、無様にギクシャク両手・両足を動かすのがやっと… で、ほとんど動けず。

 本編55分のうち、最後の5分程度のクールダウンの運動時には…

 『…………』 

 …きれいな花園が見える…呼吸は苦しいが、暖かくて気持ちいい?幽体離脱状態?…(かなりやばいカモ…)

 終わったときには『びりー隊長』と手を取り合って、両手をあげて万歳?をするのですが、ここでやっと意識が戻り…

 『…え、えいどりあぁ~ん!(大馬鹿)…』

 吾輩へっぽこなので、途中から意識は飛ぶし、かなりへろへろになって終了。

 終わったときには、その場に大の字に横たわって…

『…燃えたよ・・・燃え尽きたよ・・・真っ白にな…zzzzz

 生き返るまで2時間以上かかったネ!(笑)

 さすがアメリカ軍隊方式、かなりきついであります。

 にしても、DVDの画面に出ている、隊長の周りのおねぇさん・おにぃさんたちが、最後まで隊長について行くのがすごい!(驚)

 動画中には、ついて行けないおねぇさんも(二人?)おりますので、へっぽこ隊員には励みになりますデス!。(爆)

 後日談:その後、筋肉痛が酷いため診療時には、うまく動けてません!(爆)

<教訓>へっぽこ隊員は入隊する前に、「よ~く、考えよぉ~♪」

プチ知得:帯状疱疹の原因は、水痘ウィルス

 小児期に罹患することの多い、水痘(みずぼうそう)。

 原因は、水痘帯状疱疹ウイルス(varicella zoster virus;VZV)によって起こる急性の伝染性疾患です。

 歴史的背景から説明すると、19世紀の終わりまでは、水痘と天然痘は明確に区別されていなかった。1875年Steinerによって、水痘患者の水疱内容を接種することによって水痘が発症することが示され、1888年von Bokayによって、水痘に感受性のある子ども(未罹患の子ども)が、帯状疱疹の患者との接触によって水痘が発症することが確認され、その後1954年にThomas Wellerによって、水痘患者および帯状疱疹患者いずれの水疱からもVZVが分離されることが確認されました。

 特徴的な発疹(中心部に薄皮1枚で水疱形成を伴う発赤疹)が出現し、発熱や皮疹部の掻痒を伴うことが多く見られます。

 経過は約1週間で、皮疹部分は痂皮化(かさぶた様になる)して、抗体が産生され、ウィルスを中和することにより、感染力を失い治癒となります。

 しかし、治癒したとはいうものの、実際にはこのウィルスはすべて体内から除去されるわけではなく、一部は末梢神経の周りに休眠する形で居座り、免疫力が低下して活動する機会を伺っている状態となります。

 全身ステロイド投与や他の感染症などにより免疫力が低下することによって、ウィルスが活性化した場合、末梢神経の周りから炎症が始まるため、痛みを伴い、皮膚表面には神経の走向に従って水疱(この水疱内容にウィルスが含まれています)が散見されるようになります。この時腹部や胸部に出る場合、帯状に発疹が見られるため「帯状疱疹」と呼ばれるものとなります。

 そのため上記(だいぶ上ですが…(汗))の通り、原因は水痘と同じウィルスのため水痘に罹患していない方(ワクチン未接種で)が、帯状疱疹の方と接触した場合にこのウィルスに感染して、水痘を発症する可能性があります。

 学校保健法上、登校・登園停止期間は、水痘の場合『すべての発疹が痂皮化するまで、あるいは病状により、学校医その他の医師においてその病の予防上支障がないと認めた場合』となっております。

 ただ、帯状疱疹の記載はこの学校保健法にはありません。(法的規制理由はない。子どもは帯状疱疹を発症することが希なため?)

 しかし私個人的には、上記理由より、病状が酷い場合には他の子どもさんへの感染予防のため、登園・登校を見合わせるのがお互いの平和のため妥当であると考えております。

プチ知得:リンゴ病(伝染性紅斑)

 両頬が紅くなり、保育園の先生から『リンゴ病じゃない?』といわれて受診するケースがあります。

 さて、このリンゴ病。正式名称は『伝染性紅斑』といいまして、ウィルス感染症の一種です。

 ウィルス感染症といいましても、発疹が出た際には、すでに感染力は失われておりますのでご安心を…。

 原因は『ヒトパルボウィルスB19』というウィルスが感染して発症します。潜伏期は4~14日程度。

症状は発熱を伴うこともありますが、高熱が続くことはまれです。関節痛・関節炎を起こすこともあります。発疹は、頬・両側四肢に斑状~レース様紅斑として赤い発疹が出ます。この発疹は4日~10日前後で徐々に消失します。

 治療は対症療法で、ほとんどの場合発疹のみですので経過観察となります。

 ただし、妊娠初期の方がこれに感染致しますと、胎児水腫・胎児死亡などの危険性があります。家庭だけでなく、教育機関(学校・保育園・保育所)などで就業されている妊娠初期の方は、注意が必要です。

 先にも書きましたが、発疹が出たときには感染力はありませんので、保育園や学校を休ませる必要はありません。(学校保健法上、登園・登校禁止の病気ではないのです。)

7月の臨時休診についてのお知らせ

 平成19年7月12日(木曜日)は、東京への出張のため終日休診となります。ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

 補足:7月11日(水曜日)は、午後の診療を4時で終了させていただきます。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »