最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

平成18年11月の休診日・当番医のお知らせ

11月の休診日のご案内

 毎週火曜日 + 11月23日(勤労感謝の日) が休診となります。

11月の小児科当番医

 11月3日(文化の日):当院です。

 11月23日(勤労感謝の日):いとう小児科クリニック(さくら通り・0197-61-5155

 です。当番医は直前に変更になることもありますので、問い合わせの上、ご利用ください。

平成18年11月の診療時間変更のお知らせ

1)西和賀町(旧湯田町)の乳幼児健診・予防接種のため、平成18年11月2日(木曜日)・217日(金曜日)は、午前の診療を午後12時20分で終了させて頂きます。

 午後の診察は、午後3時30分より開始します。(交通事情により午後4時になることもあります)

2)平成18年11月10日(金曜日)・24日(金曜日)は、北上市の乳児検診のため、午後の診察が午後3時30分からとなります。

 ご迷惑をおかけいたしますが、宜しく御願いいたします。

インフルエンザワクチン接種開始しました

 本日(平成18年10月23日)より、当院でのインフルエンザワクチンの接種を開始しました。

 昨年は12月下旬にワクチンの在庫が切れ、新たな入手も困難になったため途中で打ち切りの状態になりまして、大変ご迷惑をおかけいたしました。

 今年はそういったことのない様に、さらに多くのワクチンを確保いたしました。

 小児の接種は、3~4週間の間隔で原則2回。13歳以上は1回でも可能。ただし受験生の方は2回接種ををすすめいたします。

 インフルエンザワクチンの接種は、なくなり次第終了とさせていただきます。

 体調がよいときに、3~4週間の間隔をあけて接種していただけますよう、お願い申し上げます。

祝!アクセス1万件。ありがとうございます。

 このブログ(HP)を開設しまして、約1年1ヶ月で、1万件のアクセスを迎えることができました。

 まじめな記事やそうでもない記事。つまらない記事等々書き連ねておりましたが、驚きのアクセス数をいただきありがとうございます。

 今後も、日々精進しまして、更新を忘れることなく続けたいと思います。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

TeaTime:『肉体年齢詐称疑惑』

Tea Time:0014

<注:このコーナーは、医院とは関係のないコーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

     <BGMは、ロッキーのテーマで決まり>

 日頃デスクワークの多い我が輩。ほとんど座ってばかりで、一日の運動量が指先以外全くない状態で、開業して4年がたった。

 最近、家内の買い物の荷物持ちとして歩き回ると、非常に疲れてしまい、階段の上り下りもつらいと感じることも…(と、年のせい?!とは考えたくない!がそうかも…)

 以前は、どんなに歩き回っても、家内の方が先に音を上げる方だったが…

 1月前には高血圧を指摘されて、降圧剤内服するように指導されるし…

 ん~何だかなぁ。やっぱり細○○子の占いの健弱の時期だからか?(ちなみに、うちは夫婦そろって天王星人-です)

 そんな折、医師会の懇談会の際に、諸先輩の先生方にこの話を持ちかけてみたら…

『その年で、高血圧(値は怖くて公表できません)は問題だな~、危ないよ、緊急降圧の適応だよ』

『きちんと自前でなくて、専門医に診てもらった方がいいよ!』

 とありがたいお言葉をいただいた。その中に、

『運動しないで、ゲーム(PS2など)と飲酒ばかりしているからじゃないの?』

 と激辛のご指摘が…う~図星…(>_<)

『そうだ!ゲームばっかりしてないで、近いんだからエ○ザス(スポーツジム)に通ったら?他の先生方も、結構通っているよ!』

 ゲームばっかりしてるんじゃないモン!

 ネットサーフィンや、ネットショッピング、メールもしているモン!(で、結局体を動かしていないので、やぶ蛇…)

 で、諸先輩方の有り難いご指摘の元、日頃の不摂生を正すべく、一念発起してこのスポーツジムに通うことにしたであります。

 一人で通っても、飽きてしまうので、お目付役に家内もつきあわせることにした。(どうせ、そんなにがんばらなくても、我が輩、ストレス解消だけのつもりなので…長続きしそうにないためである。)

 近年ふっくらとした家内にとっては、『ダイエットにもいいので』と理由をつけて、実際には家内のダイエットを成功させるべく、我が輩がお目付役になる(しばらく痩せそうにないので、この役目なら長続きできるかな?)…はずだった…

 まずは入会手続きの後、早速体力測定などなど・・・

 我が輩の体脂肪率は10.5%(偉いでしょ!昨年から頑張って8Kgは減量しましたから)、握力左右約40kg(非力なので勘弁)。これはいい。

 問題は、体の柔軟性・心肺機能検査での年齢・・・80歳(う、うぞ・・・もう平均寿命じゃん、実年齢はまだ40前なのに…)

 これはイカンのであります。

 ま、ここ数年の運動不足がたたり、心肺機能が落ちぶれてしまったとのこと…(トホホ…)だから、ちょっとしたことですぐに息が上がるんだね(納得…でも、すっごいショック)

 ということで、家内よりも問題児は我が輩でした。(爆笑)

 これから、(心を入れ替えて)運動目的にスポーツジムに出没します。

 舌出して、『ハァハァ』してグデグデしている我が輩をみても、温かい目で(冷たい目だと思うけど…)、見守っていただければ幸いです。

新型インフルエンザワクチン、来年にも製造申請

本日付のYAHOO.JAPANニュースより

 新型インフルエンザの出現に備え、国立感染症研究所と国内のワクチンメーカー4社が、開発を進めている鳥インフルエンザウイルス(H5N1)をもとにしたワクチンについて、メーカー側が来年前半にもワクチンの製造販売承認を厚生労働省に申請することを明らかにした。

 このワクチンは、安全性や有効性を確認する360人を対象とした臨床試験がほぼ終わり、1000人以上を対象にした大規模な臨床試験が9月から始まった。

 臨床試験では、5マイクロ・グラム(マイクロは100万分の1)の抗原を含むワクチンを2回注射したグループの7割以上で抗体が大きく増えた。因果関係が否定できない副作用として突発性難聴や、頭痛、悪寒、発熱などがみられたが、大きな問題はなかったという。

(読売新聞) - 10月18日11時11分更新

以上抜粋

 これが実際の臨床の場で使えるようになり、世界の人々が接種するようになれば今おそれられている、新型インフルエンザの流行も危惧することがないのかなぁ~と考えるのはまだ早いかな?

 いずれ、効果のあるものを人類の防御手段として製造できるようになってきたことはいいことと考えますが・・・

インフルエンザ予防接種について

 インフルエンザの予防接種を本年は10月23日から開始します。

 現在使用されているインフルエンザワクチンは、その予防効果が一回の接種で永久に持続する訳ではありません。ウィルスに対する抗体の力は、ワクチンを接種した後約10日前後かかって上昇し、その後時間の経過とともに徐々に減少するためその効力は約5ヶ月といわれております。

 ワクチン接種間隔は、抗体産生の効率を考えて、3~4週間間隔での接種をお勧めいたします。(1週間以上の間隔を開けての接種も可能なことは可能ですが、抗体がうまく産生されない場合も多く、お勧めできません) 

 そのため、11月中に1回目接種、月をまたいで12月に2回目接種をお勧めいたします。また今年から日曜日も接種できるようにいたします。

 年齢による区分で、6ヶ月以上13歳未満は2回接種、13歳以上65歳未満は1回または2回接種、65歳以上の方は1回接種(予防接種の助成金制度あり)推奨とされています。

※詳しい資料を御覧になりたい方は、日本医師会ホームページの『インフルエンザ総合対策』にございます。(簡単に説明されているのが『一般の方々へ』で、さらに解説付きのものが『医療従事者の・・・』です)

http://www.med.or.jp/influenza/index.html

 又上記の資料より抜粋となりますが、6ヶ月未満の乳児に関しては以下の通りです。

『インフルエンザワクチン接種の適応に関しては、年齢の下限はありませんが、通常生後6ヶ月未満の乳児にはワクチンを接種しません。これは、ワクチンの効果に関しておよび、ワクチン接種の副反応に関しての研究がまだ少なく、十分な知見が得られていないこと、また、この月齢までは母体由来免疫の効果が期待できることに由来しています。』

 予防接種を行うのであれば、家族全員で行い、家庭にインフルエンザウィルスを持ち込まないようにするのをお勧めいたします。

Tea Time:『プロジェクトX(ペケ):祈願、燃費向上!その2』

Tea Time:0013

<注:このコーナーは、医院とは関係のないコーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

      (BGMは、もちろん『地上の星』で・・・またかよ・・・)

 前回のその1での案で、スペアタイヤをはずす(降ろす)方法もあるので、暇を見つけて、やってみた。(まぁ、よっぽど暇なので暇つぶし程度だけど・作業時間3分?)

 実際降ろしてみるまでは、あまり効果がないだろうと思っていたが、 しかし思った以上に重い。P1000042

 計測し てみると、11.3kgもある。写真は、重量測定のため室内に持ち込んだ際のものです。(幼児一人分の体重と変わらない)これを積んで走ること自体、燃費に悪いので、パンク修理剤に置き換えることにしてみた。(せこい!)

 実際のモノがこれ。ホ○ツパンク修理剤:450g/本。P1000043

 さて降ろしたことは良いのだが、トランクの下にあったスペアタイヤに床の重量がかかる仕組みになっているので、このままではロクに物も積み込めない。単に容積が大きくなったと考えても良いのだが、見た目が悪い。P1000037

 何か良い方法がないかな?で、前述No0011で紹介したサイトにあったように、発砲スチロールで空間にダミーをおくことにしてみた。

 これまた家の中を探してみると、有りました…プラスチックゴミとして捨てられる運命の発泡スチロールたち。

『今から、君たちに命を吹き込んでやる…』

 なんて、キザなせりふを吐きながら、接着剤片手に適当に作ったダミーがこれ(笑)

P1000038

 総重量150g(超軽)の代物。

  スペアタイヤのあったところに、適当において…フタして…中敷きを敷いておしまい。P1000039P1000040P1000041

 式)11300(g)-450(g)-150(g)=10700(g)   

 これにて10.7Kg軽量化!

 ついでに、懸案だったアースコードのバッテリーまでの敷き直しを行った。

 リアシートはずしたり、右前輪はずして、フェンダーカバーはずしてエンジンルームからコードの引き込みなど・・・気合いはあるが、腕力と体力のない我が輩にとっては、ち~と辛い。

 仕事の合間とのこともあり、結局4日かかりました(掛かりすぎといえば、掛かりすぎだけど、1日1~2時間程度の作業時間なので…)あまりの面倒くささに、写真を撮るのを忘れていました。

 で、結果は、何となくリアが軽くなり、カーブの時にお尻を振るような感覚が軽減した。(こうなりゃ自己満足の世界だね・・・苦笑)

 そして、燃費は…

 高速道路での移動が主であったため、前回の町のりのものとは直接比較できませんが、(高速道路では、平均時速105Km/H:満タン法です)

 400.2(km) ÷ 45.0(L)=9(Km/L) (奇跡的に割のいい数字です)

 今度町のりだけで、試そうと思いますがなかなか暇がないので、また後日・・・

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »