最近のトラックバック

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

ヘルパンギーナが流行ってきた?

 最近診療しておりますと、発熱を主訴に

   『咽が痛い、痛くて飲み込めない!』

 といった訴えの患者さんが多く見られます。

 そして、咽を診察しますと口蓋垂(俗名?:のどちんこ)の脇に、小さなピンク~白色の口内炎のような粘膜疹・小水疱があることが多いです。

 この状態のモノを『ヘルパンギーナ』といいます。

 主に夏に流行るウィルスの風邪で、主としてコクサッキーA型ウィルス・エコーウィルスが原因とされます。

 ウィルスのため抗生剤は効果がなく、症状に応じた対症療法となります。

 発熱は2~3日、咽頭痛は4~5日続くことが多いです。

 有効な予防法は、外出から帰ったら手洗いと・うがいです。

 発熱と咽の痛みがあったら、一度咽をのぞいてみてみてください。

 もしかしたら『ヘルパンギーナ』かも?

元気になる話:ストレス解消

<このコーナーは、当院で栄養指導をしてくださっている『栄養士兼子育て支援アドバイザー』の方に寄稿していただいております院内報の記事を紹介しております。>

 家庭・家庭・学校で私たちはストレスの多い日常を生きています。ストレスに負けそうな状況を食事で明るく元気の出る方向へ変えていきたいですよね。

  1.ストレスに対抗できる栄養を摂る。

 ストレスにより消耗する栄養素は、蛋白質・ビタミンB・C・カルシウム・マグネシウムです。何でもバランス良く食べることが常に大切なです。旬の食べ物を食べる事で栄養価が高くなった食品を取り入れることが出来ます。サワラはビタミンB、菜の花はビタミンc、カルシウム、キャベツはビタミンK等。

  2,ストレスが多い時には上手に手抜き。

 料理を作る気にならなくても、食べなければストレスに負けてしまいます。フライパンや鍋一つで主菜副菜を兼ねる品を作り、後はパンやご飯で十分です。ポトフやスープ等。

  3,みんなで作って食べる。

 家族や気の合う仲間と一緒に作れば会話も弾み楽しさも倍増します。

   <平成18年5月院内報から抜粋>

予防接種の改訂(追加)

 平成18年4月から予防接種法の改定により、麻疹と風疹の予防接種がこれまでの『麻疹なら麻疹のみ』『風疹なら風疹のみ』の薬液の単抗原ワクチンから、『麻疹と風疹の混ざった』混合ワクチンに変更になりました。

 接種対象者もそれまでの1歳以降~7歳半迄の期間から、大幅に対象者を限定し

  • 第1期:1歳以降2歳未満
  • 第2期:5歳以降7歳未満で、小学校に入学する1年前から入学の前日まで

 また、第2期対象年齢であっても、1度でも単抗原ワクチンを受けたことがある場合には、安全性が確立されていないため混合ワクチンの接種はできない。

と、ここまでは以前にお知らせしたとおりです。

 この決定により、ワクチンの製造メーカーは、単抗原でのワクチン接種がほぼ皆無になり、今までのような需要が見込めないと判断したため、昨年度末には製造を中止・あるいは大幅に縮小となりました。これにより、実際の医療の現場にはワクチン不足の事態で3月半ば以降現在に至っております。(特に風しん)

 これが、6月2日付けでまた改正となり、安全性が確立されたため(たった2ヶ月でかい?)第2期の接種対象者には混合ワクチンを用いて接種と変更になりました。

 ただし、麻疹あるいは風疹に罹患歴のある場合には、単抗原ワクチンを用いて罹患していない方の第2期接種を行いましょう。

 といった内容のモノです。

 また留意事項として以下の曲者の項目があります。

『従前の麻しんまたは風しんの定期の予防接種の対象者であって市町村におけるやむを得ない事情により当該予防接種を受けることができなかった者のうち、改正政令の施行の日以降において第1期の予防接種の対象とならないもの等については、市町村において、地域の実情に応じて、法に基づかない予防接種に対する接種費用の負担が法に基づく予防接種と同等になるように、平成19年3月31日までの間、特段の配慮を行うとともに、法に基づかない予防接種についても、当該予防接種が予防接種事故賠償保証制度の対象となるよう、併せて配慮されたい。』(下線は筆者の追加)

で、この『改正政令の施行の日以降において第1期の予防接種の対象とならないもの等については…』の意味の取り方で、

  1. 『改正政令の施行の日以降において第1期の予防接種の対象とならないもの…』なので、施行日前の平成18年4月1日から6月1日までの間に接種の対象とならなくなった者については、対象じゃないと切り捨てるのか
  2. 『改正政令の施行の日以降において第1期の予防接種の対象とならないもの…』で、施行日以降の日付で対象からはずれている年齢の者を、『市町村において、地域の実情に応じて、法に基づかない予防接種に対する接種費用の負担が法に基づく予防接種と同等になるように…』するのかは、各市町村の判断に任せる?

 (文中のは筆者の加筆)

 つまり、受け取り方によってA市では上記1として、B町では上記2として対応しましょうといった地域格差が生じる通知がなされています。

 北上市の場合、平成18年4月1日以降に2歳を迎える前に医療機関に『予防接種をしたい』との申し出があったが、薬液がないためできなかった患者さんに関してのみ、市のご厚意により上記2として平成19年3月31日まで対応するとのことでした。

 北上市の市民の1歳代の『麻疹あるいは風疹単独の予防接種をどちらか一方しか受けていない』方で、麻疹・風疹の罹患歴のない方は、この救済処置に該当しますので、2歳前にかかりつけ医にお申し出ください。申し出がない場合、救済処置が受けられない場合があります。

※今回の改訂といい、前回も含めてだが、現在の厚生労働省の役人(官僚)は、現場の実態を知らないで、机上の空論を正論として制度を作っている感じがあり、また省令の通知にしても、どっちつかずのような表現を用いて現場を惑わし、責任の所在を現場に押しつけている様に見られる。(もっとわかりやすい、しっかりとした表現で通達を出すべき!)

 前回の通知などは、その後の予想が小学生でもつくような内容で、お粗末すぎやしませんか?おかげで現場は薬液不足で混乱しています。今回もたった2ヶ月で安全性が確認されたとされておりますが、昨年11月の混合ワクチンに変わるための説明会の席で、製造元で監修されている医学博士の先生から、麻疹風疹混合ワクチンは麻疹と風疹単独ワクチンをそれぞれ足して、添加物を2で割った内容なので、各単独ワクチン接種後数年後に混合ワクチンの接種をしても問題のないことが判っているとの話もありました。それから承認まで7ヶ月ですか・・・遅すぎるような気がします。

 いずれ、現場もそうですが患者さんが一番の迷惑を被っているということを、役人に知ってもらいたいですね! (超怒)

元気になる話:鬼ごっこ!

<このコーナーは、当院で栄養指導をしてくださっている『栄養士兼子育て支援アドバイザー』の方に寄稿していただいております院内報の記事を紹介しております。>

 運動嫌いで肥満気味の子供にスリル満点の「鬼ごっこ」を!心と体がイキイキします。

 子供が外遊びをしなくなったと言われています。

 これが社会性の低下や肥満児の増加につながっているとのこと。遊び方がわからない現代っ子の特効薬は「鬼ごっこ」では?

  1. 運動嫌いでも楽しく体を動かせる。
  2. 平衡感覚などの運動能力が養える。
  3. 自主性や意欲を育てる。
  4. 仲間作りがスムーズになる。

 子供とする「鬼ごっこ」は、親の体力作りもサポートします。室内で軽く追いかけっこだけでもいい汗がかけます。

 親子のスキンシップとしていかがでしょうか?

   <平成18年3月院内報から抜粋>

元気になる話:食育のすすめ

<このコーナーは、当院で栄養指導をしてくださっている『栄養士兼子育て支援アドバイザー』の方に寄稿していただいております院内報の記事を紹介しております。>

 お子さんは朝ご飯を食べてから幼稚園や学校へ行っていますか?

 学年が上がるほど、朝抜きのお子さんが増えてきています。思春期を明確に区別することは難しいですが、理想的な体型を求め、食生活に問題を起こすお子さんも少なくありません。

 発育、発達の著しい時期の栄養、食生活はお子さんの心身の発育、発達、健康状態に大きな影響を及ぼします。「キレル子供」の食生活が問題になりますが、お子さんの心理状態に食生活のあり方が何らかの形で関わっていることは否めないようです。

 人は生まれてから、お母さんからおっぱいやミルク、やがて離乳食も食べれるようになります。

 大きくなって一人で食べたり、飲んだり出来るようになったお子さんでもきちんと栄養がとれるようになったお子さんでもきちんと栄養がとれるよう、おうちの方が見守ってお声をかけてあげることが大切ですね。

   <平成18年2月院内報から抜粋>

元気になる話:子育て中のお母さんは大変。

<このコーナーは、当院で栄養指導をしてくださっている『栄養士兼子育て支援アドバイザー』の方に寄稿していただいております院内報の記事を紹介しております。>

 子育て中のお母さんは、夜中も授乳があったり大忙しのコンビニエンス状態ですよね。

 産後に風邪を引きやすくなった、と言う話をよく聞きます。忙しさのあまり自分を気遣う暇がなかなかありません。体のSOSは早めに見つけましょう。「朝なかなか起きれない。」「何となく体がだるい、疲れやすい。」「ストレスを感じイライラする。」そんな症状がある人は、食生活を思い出して見てください。鉄分、カルシウム不足かもしれません。

 「隠れ貧血」の女性は多い物です。鉄分=レバーではなく、赤みのお肉・お魚を進んで食べてみましょう。召し上がる時には、レモン汁をかけてからいただくと吸収率が上がります。緑色野菜も忘れずに。

 カルシウムは、夕方から夜にかけて体内に吸収されやすくなっています。夕食にカルシウムたっぷりの献立をとれると良いですね。元気なお母さんになって楽しい子育てを!

   <平成18年1月院内報から抜粋>

Tea Time:『電極問題』

Tea Time:0009

<注:このコーナーは、医院とは関係のないコーナーです。暇なときに、暇なことを書いておりますので、お暇のない方は飛ばしてください。>

<BGMはケロロ軍曹の『ケロッとマーチ』でどうぞ>

 今週の火曜日、遂にうちの軽自動車のエンジンのかかりが悪く、バッテリーが怪しいので(新車登録後7年バッテリー交換していない)、重い腰を上げて交換することにしたであります。

 実際、我が輩の愛車のことであれば、苦もないのだが・・・

 とりあえず、以前に助けてもらったことがあるし(屈辱だけど)、ま~適当で。

・・・とりあえず、バッテリーのサイズと、品番を控えて・・・いざホームセンターへ(オート○ックスや黄色い帽子で売られている高級品は不要です・・・愛車じゃないんで良いのであります(クドイ!))

 えー、品番はあるけど何だ?この最後のRLって?(後で知ったことだが、これがケチの始まり。ほんと、適当に品番控えていったモノだから、このRL。電極の位置の表示だそうで、間違えるとうまく取り付けられないことがあるそうな・・・ん~なんだかな)

 詳しくは、自動車用バッテリーの基礎知識

http://www.furukawadenchi.co.jp/chisiki/

 のバッテリーの形式の見方参照ください。(これを見ておけばよかったであります。)

 で、どうでもういいや!つけられないときには、何とかするって・・・適当にコード伸ばせば着く!(もうホント投げやり)

 買ってきました。品番の28B17のR。

 手順書通り、バッテリーについているマイナスのターミナルはずして絶縁し、続いてプラスもはずして・・・バッテリーを押さえているステーをはずして・・・バッテリーがはずれた。

 後は元に戻すだけ・・・とりあえず、同じモノの確認のために隣に置いて・・・

 何か変?。

 よーくみると、電極の左右の位置が違う。

 ???これって、RLの違い・・・元のモノはL。買ってきたのがR・・・(しばし沈黙)P1000013

 何とかなるさ!とつなげてみたら、+極は何とかなるが、-極が届かない。ボディーアースのコードがあと2cmコードが長ければ、問題ないのだが・・・

 ここで無理に引っ張って、コードが切れると最悪なので・・・・思いつきました。

  『適当に伸ばしちゃえ!』(笑)

 どうせあまりあけないエンジンルームだから、見た目は最悪でも可!であります。

 って、言っても適当なコードと、ギボシなどはないし、手間もかけたくない。とついでに言えば、あまりお金はかけたくない。(くれぐれも、わが輩の車ではないので・・・)

  『ステー(金属の板状の棒)で、ショートさせない程度に通電させればいいじゃん!!』

 とまぁ、思い立ったら吉日。(何のこっちゃ)

 近くのホー○ックで、ステーとボルト&ナット購入して、480円也。 コードの方が安かったのだが、ボルト&ナットは余るけど、後で何かの機会に使うから良いってことにするであります。

 ほんで、いきなりの出来上がりの写真はこれ。P1000011

 ボディのから変にのびる金属棒が、それである。P1000012

 たった、これだけなのに・・・三○自動車!あと2cm位、コードに余裕をつけてくれよ!そうすれば、RL間違えて買ってきても、ホイサッサで装着できるのに・・・

 ま、ちゃんとエンジンはかかるから問題ないけど・・・

 ん、何か忘れていない?・・・・あ~今年車検だった!・・・指摘されるかな?

 その時は、その時で・・・

『それはわが輩の車ではありません!家内ので~す』

 で、今から逃げる算段を考えねば・・・

 当の所有者(家内)はというと、

『動くなら、いいわ!』 だって・・・

 これから、我が愛車の前に、失敗したくないモノはこの軽で、試してみてからにしよ~っと!(爆)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »