最近のトラックバック

« プチ知得:食欲ないときの点滴? | トップページ | おかあさんのための救急&予防『こどもの救急』 »

プチ知得:経口補液って?

 嘔吐・下痢した際に、受ける質問で多いのが

   『何を飲ませれば良いですか?』

 です。

 大部分の保護者の方は、水分補給に『ポ○リス○ェット』『ア○エリ○ス』などのスポーツ飲料で、良いですか?と聞いてきます。

 答えはちょっと待ってね・・・

 嘔吐や下痢の際には、吐物としてまたは便として水分のほかに塩分も排出されます。

 その塩分は、血液中から消費され胃液・腸液が生成されます。そして、嘔吐・下痢などの回数が多い場合には、胃液・腸液の分泌量増加、強いては血液中からの水分と塩分の消費量増加となり、血液中は脱水・塩分不足となります。

 スポーツ飲料は、軽度の脱水があり、塩分の不足量も軽度の場合にはちょうどよいかもしれませんが、本格的に嘔吐・下痢がひどい場合には、水分補給にはなりますが、塩分濃度が少ないため、飲み過ぎますと脱水は補正されますが、血液をさらに水で薄める形で塩分不足が加速します。(糖分は多めのため、甘ったるく感じ、さらに口渇感が増すことがあります)

 これがあまりひどいとさらに嘔吐(時には下痢?)がひどくなり、悪循環を繰り返し、ある程度のラインを超えると、けいれんなどが出現します。(水中毒)

「じゃぁ、どんなモノを飲む様にすればよいの?」

 詳しくは、インターネットURL

   http://shoufukumemo.com/medinfo/ors.htm

 にありますが、家庭で簡単に作ることのできる経口電解質液をご紹介いたします。

     家庭で作る経口電解質液:

  • 塩 2 g ( 小さじ半分程度 )
  • 砂糖 40 g ( 大さじ 4 杯と小さじ 1 杯 )←可能であればブドウ糖がベスト
  • 水1,000 ml 、レモン汁の絞り汁でカリウムの補充と香りをつける.

(注: 塩 2gは小さじ半分弱、砂糖 40gは大さじ4杯と小さじ1杯、水1,000 ml で、レモン汁は加えていって味見して決める。)

 塩2gでは薄味と感じる方もおりますので、個人的には3g程度まで増量してもよいと思います。

 味は、個人的には『可もなく不可もなく』の感じです。また大人の方であれば、二日酔の時にも最適!(私自身で、実証済み!(爆))

 子供たちには、コップやほ乳瓶で与えますと、本能的にグビグビ飲んでしまい、嘔吐・下痢を誘う原因となりますので、スプーンやお猪口、ペットボトルのキャップなどを利用して、少量ずつ、2-3分間隔開けて投与することをおすすめいたします。

(吐いていた際には、吐き気が完全に落ち着くのを待って(2時間程度経過みて)から与える。)

 ただし少量の水分でも、飲む度にすべてはき出してしまう、あるいは飲んだ以上に下痢がひどく出る場合には、周期性嘔吐症(俗名:自家中毒)・感染性胃腸炎などにより、点滴補液を必要とする場合がありますので、早めの医療機関の受診が必要です。

« プチ知得:食欲ないときの点滴? | トップページ | おかあさんのための救急&予防『こどもの救急』 »

プチ知得」カテゴリの記事