最近のトラックバック

« Tea Time:『貧乏性?』 | トップページ | Tea Time:『あ○あ○探検隊?!とんだ体育の日』 »

平成18年4月の「麻疹」「風疹」予防接種法改正のお知らせ

 平成18年4月1日からは麻しん・風しんの混合ワクチン(MRワクチン)だけを使用する2回接種法に変更になります。

 これらの予防接種は、従来一度の予防接種をすることで、一生抗体が維持されるために、子供の時に接種しておけば大人になっても罹患することはないとされておりましたが、ここ数年予防接種を子供の時にしたにも関わらず、大人になってからこれらを発症することがあることが解ってきました。

 これを予防する手立てはないのかと、海外に目を向けた際に、十数年前から欧米で行われている2回接種法では、大人での発症を予防できることが医学的データとして認識(小児科学会的には10年以上前から認識していたそうですが・・・)され、この2回接種法を導入することとなりました。

 この改正の通達では、改正以前にいずれかの単独ワクチンを受けた方は、このMRワクチンの恩恵を受ける事はできない(単独ワクチンとMRワクチンの混在接種は、副作用の発現するのかの問題と抗体価の有意な上昇が証明できていないため、現在のところできない)。また各々の単独ワクチンを希望しても定期(無料)接種できないとあります。(将来的には、『混在接種が可能』になる可能性があるとの情報も入っておりますが、何時になるのか未定です)

 対象年齢も従来1才以上~7才半未満であったものが、1期(1回目)が1才~2才未満で、2期(2回目)は5才~7才で小学校入学1年前から入学の前日までに変更になります。

 え?解りづらい説明ですよね。具体的に説明しますと・・・

 平成18年4月1日以降で生後1歳以上2歳未満のお子様で、「麻疹」も「風しん」も予防接種をしていない。また罹患していない場合に、このMRワクチンの対象となります。

 「麻疹」「風しん」をどちらか片方でも予防接種をしたことのある場合には、(今のところ、将来再改訂されるかもしれませんが・・・)、これから始まるMRワクチンでの2回目接種の対象にはなりません。

 しかも年齢制限が曲者です。

 2歳以上5歳未満で、「麻疹」「風疹」予防接種をしていないお子様は、1回目は公費ではなく自費でMRワクチンを接種し、第2期のMRワクチンは公費で接種できます。

 しかし、2歳以上でどちらか片方でも接種たことのある場合・罹患したことのある場合には、平成18年4月以降、単独ワクチンでの接種も自費でするようにとの通達内容です。(なんだかなぁ・・・北上市の方では救済処置を考えているとのことです。1年間をめどに年齢制限からはずれた人も公費でできるようにしたいとのことでした)

<新情報>厚生労働省から平成17年3月1日以前に生まれた乳児に対しては、来年の4月まで待たずに今まで通りの予防接種を行うようにとの通達がありました。これは1歳を過ぎたところでの予防接種を控えることで、麻疹などの罹患の危険性が増える事を予防するためだそうです。(御上の意思は解るのですが、2回接種の機会が奪われる様に感じるのは、私だけでしょうか?未だに、1回でも単独ワクチン接種あるいは罹患した場合には、このMRワクチン対象者から外すとのおふれですので・・・)

 この様に急に変更されるため、今までの様に『1才になったら麻しんワクチンを受けましょう!』とか『2才までに風疹ワクチンを受けましょう!』とは単純に説明できなくなりました。
 
 なお、将来はまた予防接種法が改正される可能性は当然ありますので、広報など情報を逃さない様に注意して下さい。

※18年4月以降の予防接種の日程は以下の通りとなります。

日本小児科学会・予防接種日程表

« Tea Time:『貧乏性?』 | トップページ | Tea Time:『あ○あ○探検隊?!とんだ体育の日』 »

予防接種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Tea Time:『貧乏性?』 | トップページ | Tea Time:『あ○あ○探検隊?!とんだ体育の日』 »